透水性ポーラスコンクリート・ドライテックについて

滋賀県実績No.1!
透水性コンクリートで快適に過ごしませんか?
「ドライテック」とは、雨水を地中へ浸透させる透水性を持った特殊なコンクリートのことです。 水を浸透させて地中に逃がすため、地表面で遮水せず、勾配なく排水が可能です。歩道・建物外構・駐車場に、排水性に優れた快適な環境をつくります。
また、水はけの心配もないので、ウッドデッキ・人工芝・ゴムチップなど様々な舗装を上層に敷き、木製駐車場など高い自由度でアレンジが可能です。

<ドライテックの特徴>
◎環境にやさしい特性
自然に雨水を地中に浸透させ、地表面の遮水を防ぎ自然環境を護ります。
◎ゲリラ豪雨など災害対応
災害による被害対策に利用されます。排水設備への負担を軽減します。
◎無機バインダー使用
無機バインダー(接着剤)により、雑草や苔が生えにくい性質です。


Point.1
水たまり問題の解決

透水性コンクリートにより水たまりを防ぎ、通行の妨げにならない道を作ります。藻や苔の防止にも有効です。
Point.2
夏でも涼しく、裸足で歩けます

遮熱性が高く、アスファルト舗装より地表面の温度が10~15℃低く、夏場でもお子様が裸足で遊べます。ヒートアイランド現象の抑制効果が期待されています。
Point.3
草・苔・カビが生えにくい

雑草が生えにくいので、草取りの手間を省けます。舗装自体の通気性もよいため、苔・カビも生えません。素材は無機材なので、植栽や池など生態環境にも優しい舗装です。

 

お問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP